忍者ブログ

[PR]

2018/12/16  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

简直是乱来囧

2008/06/09  カテゴリー/[create]码字

被迫(真的是被迫TAT)参加这个
中国人の日本語作文コンクール

哭也哭了囧也囧了,在小电上码字还是不专心,搞出来的东西好象情书(捂脸)
1600字根本写不完嘛(结果写了1800还虎头蛇尾)早知道就换个角度=A=

我和干菓子先生真的没有JQ是真的="= 顶多是孩子气的惺惺相惜...吧
所以请帮我修改成できるもの谢谢TAT 这么调戏感满载的东西|||||

真面目だけど子供っぽくて

   大事な先生は真面目で、子供っぽい。


   初めて東哲也先生に会ったのは去年の九月で、会話の授業だった。その前、若い男性の先生が来るって噂が広げているので、さすが乙女らしくない私も、夏休み中ずっと期待していた。そして東先生が来た。一回目の授業が終わったら、「熱情」「真面目」「できる子」という印象が残った。

   怠け者の私はそういう人間にちょっと苦手だが、日本語が好きだから、活発に頑張ってみようと決めた。

   東先生が担当するのは会話と聴解と文法、三つの科目だ。一年生の時から私が大好きな会話は、彼が担当して以来、もっと面白くなってきた。授業の時、何十回も基本的な発音を繰り返させることも、真面目に挨拶のやり方を要求することも、一人で日本の話を話し込むことも、私にとって、彼の独特なところだ。でもそれだけではなく、確かに勉強になりました。いろんなことを知って、日本にもっと近くなる感じがした。

   本番の付き合いはある昼の会話相談時間からだ。東先生は「毎日の一時から研究室にみんなを待ってる」と言ったけど、私は日本人は昼休みしないかと考えながら、会話練習しに行った。以前は日本人と話したことない私は、最初はすごく緊張で、一つのセンテンスもできなかった。でも先生は自分のことや日本のことを話し込んで、聴くのが割りに上手な私もいつの間に楽になった。つい好きな日本の歌手とドラマのことも話してしまった。もともと日本文化に興味を持つ私と違う、同級生たちはほとんど日本のことをあまりしらなかった。だからこそ、あの昼の一時間は素晴らしい思いになった。一方的に話し込んでいた教師と「はいはいそれも知ってる」しか話せなかった生徒、どこから見てもヘタな会話指導だろう。でも楽しかった、それに感謝してる。終わった時の一言も私の心を温めてくれた。「この一時間で、アンタの会話能力もよくなったよ。」って、お世辞でもずっと忘れられない。

   会話の楽しい時間に比べていつもつまらないのは文法の授業だ。実はそれは一番やりにくい授業だろう。中国人の先生もなかなか説明できない文章は日本語授業したことのない日本の若者に任せるのは、無理とも言える。それにしても、東先生は一生懸命に二級文法を教えていた。資料を探すのから表現を解釈するのまで、心込めてやっていた。しかし効果が現れなかった。学生たちは授業中おしゃべりをして、授業以外は「やっぱ東先生はだめだ」などを言い始めた。私自身は文法が好きではないけど、それを見て心も痛む。早稲田出身の東先生だからといって、何もうまくやるわけにはいかない。

   そしてメッセンジャで話しかけてみた。「先生はいじめられるんだよ」など言う勇気がなかったが、柔らかい言葉を選んで言ってみた。でも返事は想像以上楽観的だった。何の無理もなく、自信満々の回答。人を慰めるつもりだったのに、強い返事に感心された。この人はきっとできる、と信じていた。

   今学期から東先生は歴史文化学院の院生になって、急に忙しくなってきた。会話指導もなくなり、毎日三時間しか寝れないそうだ。でも日本語学部開催のイベントとか相変わらず参加してる。以前の活動のことから見ると、チームのため笑ったり泣いたりする先生は実は熱血の調子者ということが分かる。

   楽しい活動ばかりわけにはいかない。日本語学部の卒業論文発表会で先生は論文レジュメの質やほかの先生が遅刻したことに物凄く怒ってしまった。卒論への尊敬心理や中国人のいい加減なところへの嫌さは、私には納得できる。けど、あれから東先生は明らかにバカにされ始めたかもしれない。中国のルールを慣れたほかの日本人先生と違って、東先生は日本人の価値観を持って真面目にやってきた。カルチャーショックはともかく、大人の世界は複雑で謎ばかりだ。同じく大人のルールが苦手な私はそれを考えると泣き出すほど感心された。

   今回の作文コンクール、うちの大学の責任者として、東先生は休日も使って準備してる。けれど、いろんな原因でみんなにコンクールのことをうまく伝えなくて、ミスをした。そして授業で怒鳴ったりひどいことを言ったりして、「やめる」まで言ってしまった。今度はしまったなと思いながら、東先生は必死に作文の検査をしてることを知った。最後の仕事もちゃんとやるか。いじめられても前向きにしてるか。子供っぽくても子供のやり方で行けるだろう。

   最後の一言は「早く大人になってね」って、東哲也先生のため祈っている。
PR

この記事へのコメント

無題

上了大学后居然还要写"我最喜欢/尊敬的老师"之类题材还真是==
不过我貌似看到你拍了很多板砖囧
我们则跟外教相看两厌中...

kiri | URL | 2008/06/09/Mon 18:30 [編集]

Re:無題

其实题目是私が知ってる日本人
中日双赢这种我写不来...
其实有很多可拍的但我貌似写得太温柔(?)了TAT
(好想重写但是没时间)

mercurix | 2008/06/09/Mon 19:07

無題

原来你这两天就是在写这个东西啊 =0=
哈哈哈 加油加油 > <

雪雪 | URL | 2008/06/09/Mon 22:47 [編集]

Re:無題

其实...我决定重写了囧
老师也答应了囧囧囧

mercurix | 2008/06/11/Wed 17:12

↑ページトップ

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字